猿ト踊ル

映画・ドラマ・アニメなどのレビューもどきの所感ブログ

【アニメレビュー】アクダマドライブ

f:id:ohsofunny:20210111233004j:plain

所感

原案・小高和剛、キャラクターデザイン・小松崎類とダンガンロンパ』シリーズタッグによるクライムアクションアニメ。

キャラ、世界観ともにあくが強く、小高氏に求められているものがしっかりと描かれていると思う。
ただ、だからこそ既視感のある場面が目立つのも特徴的だ。というのもダンガンロンパではパロディ(つまり他作品からの流用)が多く、本作も同じような演出があるのだが、それがダンガンロンパのようにネタとしてのパロディではなく、分かる人には分かる程度のオマージュとして描かれている。
パロディやオマージュの線引きは難しいのだが、本作はダンガンロンパよりはシリアス寄りの作品のため、オマージュとして捉えられにくい部分もあるように思えた。

例えば、9話の殺人鬼が標的を追い詰めるシーンは映画『シャイニング』そのままだ。カンサイの街並みの見せ方も、『ブレードランナー』を彷彿とさせる。
セルフオマージュもあり、『ダンガンロンパ』にあった「超高校級の◯◯」は、本作では「超S級アクダマの◯◯」といった形で出てくる。
このように要所要所でどこかで見聞きしたものが出てくるのだが、そのオマージュ感が少し強く、そのせいで序盤に記した通り「既視感のある場面が目立つ」ようになってしまっている。小高氏特有のあくの強さを押し出している作品なだけに、少しもったいないようにも感じた。(これも小高氏の売りと言ってしまえばそれまでだが)

f:id:ohsofunny:20210111235757j:plain

シリーズ全体を通して起承転結がありつつ、1話毎にもしっかりと起承転結の流れがあり、それでいてテンポ良く進むのは素晴らしい。
1話で主要キャラ8人(正確には7人と1匹)を惜しみなく一気に出し、そこから失速することなく彼らの魅力を描ききっている。
主役たちは悪人ということもあり、途中でリタイアするキャラも出てくるのだが、物語に起伏をつけるために出し惜しみせず使い切るところが良かった。

6話は折返しということもあってか特に力が入っているように見え、善と悪、生と死の対立が上手く描かれていた。
スポットライトを浴びた二人が、スタッフロールで最初に出てくる演出も憎い。個人的にとてもお気に入りの回だ。

久しぶりに円盤を揃えて置いておきたいと思った作品。
円盤では最終回が約5分の未公開シーンが追加された完全版になるとのことで、非常に楽しみである。
まあ、正直、全12話なのに円盤は全6巻というのは高いなと思うけれども……。
せめて全4巻にしてほしかったなぁ……。

予告動画

youtu.be

評価

点数(10点満点):9(観るべき)

概要

視聴はこちらから:
FOD
Amazonプライム・ビデオ

公開年:2020年

【ドラマレビュー】アンブレラ・アカデミー シーズン1

f:id:ohsofunny:20210104234747j:plain

あらすじ

ある日、世界中で同時に生まれた子どもたち。奇特な資産家であるハーグリーブス卿は彼らを養子として集め育てるのだが、実は彼らは特殊能力を持っていて、後々「アンブレラ・アカデミー」というスーパーヒーローチームを組んで様々な事件を解決していく。 しかし時が経ち、大人になった彼らは家を離れ、それぞれの生活を送っていたのだが、ハーグリーブス卿が亡くなったことをきっかけに実家に集まったところから物語は始まる――。

所感

音楽の使い方がとても印象的で、Netflixらしい洒落た演出が光るドラマ。

少し前のNetflixオリジナルドラマは、イッキ見前提の作りだったのかあまりにもテンポが悪くて序盤で飽きていたけれど(正直ストレンジャー・シングスは途中で飽きた)、本作は最序盤からテンポよく進むので最後まで見ることができた。

アカデミーの彼らは”不仲”のため、最初から衝突を繰り広げるのだが、大きく事件が動いた終盤になってもお互いが譲らずぶつかりあっているのは「いやいや君たち一旦冷静になろうよ」と言いたくなってしまう。
だが、それは裏を返せばそこまで自分の考えに固執してしまうほどの過去があったのだな、というのが垣間見える。
「もうちょっと歩み寄れよ!」という思いと、「でも仕方がない部分もあるよね……」という思いとが交差するのだが、これはアカデミーのメンバーが6人というのが絶妙で、個々の確執・軋轢がうまく絡み合っているからこそ上手くドラマチックになっているというか、バランス良く描かれているなぁと感じた部分だ。

個人的にはアカデミーの面々より、彼らを狙ってくるチャチャ&ヘイゼルのコンビのほうが気に入った。
完全な悪者というわけではなく、彼らにも狙う理由があり、仕事があり、人生がある。その描かれ方がいかにも海外ドラマっぽくて良い。スピンオフで彼らの活躍をもっと観たいと思った視聴者は自分だけではないだろう。

序盤からの謎であり、終盤で明らかになる“ナンバーセブン”ことヴァーニャの秘密に関しては、正直ある程度予想はできて、それは大きく外れることはなく「まぁそうだよね」となったのだが、これは映画やドラマをよく見てる人なら誰でも想像できる形だったと思う。
原作がアメコミらしい、実に中二病な感じであった。抑制された力の解放シーンはやはりカタルシスがある。

続編ありきの終わり方なのが不満。海外では”クリフハンガー”と呼ばれるシーズンエンドの作り方があり、最初からシーズン2を作るつもりだったのだろうが、それでもシーズンごとに一応の終わりを見せてほしかった。
本当にもう、「これから最終章が始まる!」といった感じで終わる。あと1話あるのではないかと思ったくらいだ。自分が見たときにはシーズン2が配信されていたからいいが、シーズン1配信当初に見ていたらもっと不満が募っていたと思う。

とはいえ、最後まで楽しく観れたのは事実。終わり方だけ納得いかなかったものの、打ち切りではなくしっかりと続きがあるのでまだ楽しめると考えるほうが良いのだろう。

予告動画

youtu.be

評価

点数(10点満点):8(おすすめ)

概要

視聴はこちらから:
Netflix

公開年:2019年

【映画レビュー】『6アンダーグラウンド』

f:id:ohsofunny:20210103173013j:plain

所感

ハリウッドの”破壊王”ことマイケル・ベイ監督による、Netflixオリジナル映画。
一言で言うと「良くも悪くもマイケル・ベイな作品」だった。

マイケル・ベイといえば、派手な爆発やスタイリッシュな映像を想像する人が多いと思うのだが、特に有名なのがカーチェイスではないだろうか。

マイケル・ベイと言ったらカーチェイス、カーチェイスと言ったらマイケル・ベイ
この2つは切っても切れない関係であり、本作でももちろんカーチェイスシーンはある。
あるのだが、正直に言ってしまうとあまり面白くなかった。

本作はまずカーチェイスから始まるのだが、ここがどうにも微妙で、本当に監督が撮りたくて撮っている映像なのか謎だった。
フィレンツェの街中をスポーツカーが爆走するところは「よくこんなところ走れたね」と関心したのだが、だからといってチェイスシーンにはあまり熱が感じられず、『トランスフォーマー』を初めて観たときのような、思わず身を乗り出してしまうような興奮はなかった。
マイケル・ベイといえばカーチェイスシーンですよね!」と制作側に言われて無理矢理入れたんじゃないかと勘ぐってしまうほどだ。

その代わり、後半に出てくるパルクールシーンはとても良かった。スリリングな展開を迫力あるカメラワークで撮りつつ、疾走感のあるまま次のシーンへと移っていく。(まぁパルクールしてる人に対して敵が普通に走って追いついてくるのはどうかというツッコミはあるが)
序盤のカーチェイスは、このパルクールと同じくらいの長さで良かったのではないかと思う。

元CIAや元軍人など、”ワン”や”ツー”と数字で呼ばれるキャラクター達の設定は面白いのだが、もう少し掘り下げが欲しかった。
医者である”ファイブ”なんかは最初にちょろっと治療していただけで、それ以降は医者らしい見せ場はほとんど無くもったいない。
ライアン・レイノルズ演じる”ワン”は、ああいう性格になってしまった理由がしっかりとあり、それなりに描かれているのにも関わらず最後にあの選択をするのは、ただ単にハリウッド特有のご都合主義なお約束に則った感じが拭えず、自分としてはそこに至るまでの周りとの衝突やワンの葛藤をもっと描いてほしかった。
そんな簡単に考えを変えてしまう奴に、こんな癖の強い奴らをまとめることができるのか?と納得いかず。
2時間の映画よりも、8〜10話のドラマにしてくれた方が良かったのではないかと思う。

元々はシリーズ化を予定していたらしく、作中でも倒すべき悪役が9人いると語ってはいるので、再生数やコロナの状況次第では続編が制作されるのかもしれない。というか観たい。Netflixはぜひとも検討していただきたい。

正直「ここがとても推せる!!」というものは無いが、序文に書いてある通り「良くも悪くもマイケル・ベイ」ということで、爆発多めの派手なアクションやクラッシュ多発のカーチェイスなど抑えるべきポイントは抑えていて、傑作とは言えないがそれなりに楽しめるので、ちょっとした暇つぶしを探している人にはおすすめの作品だ。

予告動画

youtu.be

評価

点数(10点満点):6(それなりに楽しめる)

概要

視聴はこちらから:
Netflix

公開年:2019年